がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

小説の「世界観」とやらにリアリティをもたせるためにしてること

とうとう月に一度しかブログを更新しなくなった磯崎です、こんばんは。

 

ところで、先日「世界観をどうやって作ってるのですか?」というご質問をいただきました。

作っているという感覚はわたしにはなくて、後でまた言いますが、「その世界を言語化してる」ていう感覚は山ほどあるのです。

 

えっと、

その前に、以下ふたつの記事、そこに紹介した本をよんでもらったほうがいいです。

(いきなり話しを終わらせてますがwww でも、名だたる作家から教わるほうがいいと思うのね。わたし、何かを教えてもらうなら超一流がイイっておもうひとだから、わたしなんぞの言うことより、ていうのは言っておきたいのだよ、どうしても! 保身もあるけど、だって、ウンベルト・エーコ先生みたいな地球人類の優れた知性の持ち主に教わりたいでしょ???)

 

florentine.hatenablog.com

florentine.hatenablog.com

 

よし、言い訳したぞ!

 

自分のやってることの整理のために書きます(はあ、これでこころおきなくやれるぞ)。

 

ぶっちゃけ、くりかえすけど、

小説書きのいうところの「世界観」て、ただたんに「世界を観て言語化する力」だとおもうんです。

てことは、ほんと、

本を読めばいいんですよ!!!

 

 

①世界中、そしてこの国の神話伝説民話の類を読みまくる

②シンボルや表象についての本を読む

③美術史の本を読む(服飾史や建築史や音楽史など、衣食住、ひとに関わる文化史)

④モデルにする時代や場所があったらそこの土地時代に関する本(政治経済宗教法律等)を読みまくる

⑤モデルにする土地に行く、むずかしいなら美術展を見る

 

ほんとゴメン。

ほんとに本を読むしか言うことないんだよw

だって、何度も言うけど言語化するってことだから、

⑤を体験しても「書く」てのは文字情報なんだよ!!!!!

視覚や触覚や味覚や嗅覚や聴覚という情報を「言語化」するには、本を読むのが手っ取り早いんだよ!!!!!

 

言わずもがなですが、うん、そうなのさ。

体験しても言えないと、駄目なの。

その言い換えが「世界観」なんだとおもうのね。

てことで、

かんたんな例と説明をほんのちょびっと。

物量で攻めるものなので、そこが大事とおもいますです、はい。

 

①世界中、そしてこの国の神話伝説民話の類を読みまくる。

世界中です!!! 

もちろん中華とかヨーロッパとか限ってもいいんですが、ここの仕込みが多いとそれに準じてネタが増えるんだな。

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

ギルガメシュ叙事詩 (ちくま学芸文庫)

 

 

水の神―ドゴン族の神話的世界

水の神―ドゴン族の神話的世界

 

 

マヤ神話 ポポル・ヴフ (中公文庫)

マヤ神話 ポポル・ヴフ (中公文庫)

 

 

何度でもいいますが、出来得るかぎり世界地図見て、ひとの住む土地すべて網羅したほうがいいです。

何故かというと、ファンタジーで国家や地方を考えるとき、それが土台にしやすいから。

あと、日本のなかでも北から南から、県ごとの民話とか読むと面白いのであわせて。

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

遠野物語―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)

 

 

 

 

茨城の民 第1集 (日本の民話 新版 62)

茨城の民 第1集 (日本の民話 新版 62)

 

 

 

常陸国風土記 全訳注 (講談社学術文庫)

常陸国風土記 全訳注 (講談社学術文庫)

 

 

②シンボルや表象についての本を読む

 

シンボル形式の哲学〈1〉言語 (岩波文庫)

シンボル形式の哲学〈1〉言語 (岩波文庫)

 

 いきなりカッシーラーもってきたのはわたしの趣味なんでw

事典をただ捲ればいいとおもいます。

 

美術シンボル事典

美術シンボル事典

 

 

 

キリスト教美術シンボル事典

キリスト教美術シンボル事典

 

 

 

世界シンボル辞典

世界シンボル辞典

 

 テケトーに図書館で借りてきて、なんとなく意識するだけでよいとおもいます。

体系立てるのに、そっくりそれを真似てしまうと読者にネタ元を割ってしまい神秘性を失う、ていうのもある。

このさじ加減なんだろうとおもう。

 

③美術史の本を読む

ここまで読まなくともいいのかもですが、いちお。

西洋美術の歴史1 古代 - ギリシアとローマ、美の曙光

西洋美術の歴史1 古代 - ギリシアとローマ、美の曙光

 

 入門の本、数冊だけでも是非!

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書)

 

 何故かというと、「様式」の理解があると文化文明の説明描写がしやすいからです。ゴシックとかロココとかいう言葉を使わずともそれが表現できると、とたんに異世界に確かな手触りとでもいうものが得られます。世界を素描する力を自分のものにすることができるのです。

カラー版 西洋美術史

カラー版 西洋美術史

 

 服飾や建築あたりもこのへんがわからないと難しいんじゃないかなとおもうので、美術史自体はちゃらっとおさえておくと便利と繰り返しておきます。

 

④モデルにする時代や場所があったら、そこの土地時代に関する本(政治経済法律日記等)を読みまくる

たとえばわたしはルネサンス時代イタリアをよく使うのですがこういう感じ。

フィレンツェ (講談社学術文庫)

フィレンツェ (講談社学術文庫)

 

 概説本。

さらに当時の一次資料としての日記。

ランドゥッチの日記―ルネサンス一商人の覚え書

ランドゥッチの日記―ルネサンス一商人の覚え書

 

 

君主論 (岩波文庫)

君主論 (岩波文庫)

 

 

 

捨児たちのルネッサンス―15世紀イタリアの捨児養育院と都市・農村

捨児たちのルネッサンス―15世紀イタリアの捨児養育院と都市・農村

 

じっさいは一本の小説を書くのに3ケタの本を読みます。

短編でも少なくとも50冊くらいは読んでるとおもう。

ファンタジーだと科学との折り合いがありますが、医学とかそういうのも。

衣食住、ひとが関わるものすべて、戦争とか犯罪とかもそうでしょう。

 

 ⑤モデルにする土地に行く、むずかしいなら美術展を見る

言語化するのに、もともと言葉をあつかうのが得意なひとは行ってみてきたらそれですむかもしれない。なんとなく。

新しい世界に触れるってこと自体が、「世界の見方を刷新する」ことだから。

 

以上!!!

 

旅行したいね~~~~~(←オチはここだぞ☆)