がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

#東京恋愛地図 『新宿マジックRENDEZVOUS』完結しました!  

kakuyomu.jp

無事に6日に完結しました! 

わあ、よかったね、おめでとうわたし!!(真顔)(いやもう、ほんと、生まれて初めて締切を破って傷心の一年でした)

 

 

 

この企画自体はこちらをご覧ください。

 

東京恋愛地図 ―TOKYOROMANCE2020

 2020年、東京。
 都内の四つの街を舞台に、ある一日のラブストーリーを四人の書き手が綴ります。

 

note.com

 

上記のとおり、本当なら2019年5月に終わってなくちゃいけなかったものを、こういう状態で生まれて初めて締切を破ってしまったのですよ、本当に申し訳ありませんでした。

note.com

それにもかかわらず、主催の柳川麻衣さんはじめ、あずみさん、穂崎円さんもみんな優しく待っていてくれて、しみじみと有り難かったです。ありがとうございます。

 

www.pixiv.net

暑い日に読むのが絶賛おすすめ! 夏の汗ばむ空気のなか始まった物語、年老いた女の人生、そして物語の行く末に訪れる戦慄!

www.pixiv.net

おっとりとエレガントな語り、けれどその背景、今に続く社会の軋む音を聞くおはなしです。温かいものを用意して読みたい物語

 

 

そして主催の麻さんのこのツイート、めちゃくちゃ期待があがりますね!

 

あとせっかくなので、凄く面白かったのに、わたしがまるで活かしきれなかった参考文献を並べておきますです。(写真がくらいのとかは許して)

 

家紋の話 (角川ソフィア文庫)

家紋の話 (角川ソフィア文庫)

  • 作者:泡坂 妻夫
  • 発売日: 2016/01/23
  • メディア: 文庫
 

 

家紋の話―上絵師が語る紋章の美 (新潮選書)

家紋の話―上絵師が語る紋章の美 (新潮選書)

  • 作者:泡坂 妻夫
  • 発売日: 1997/11/01
  • メディア: 単行本
 

 紋章上絵師の話しはまた書く予定です、はい 

そうそう、もと呉服業界人間なので、今回はむかし研修で染織その他を勉強した記憶を思い起こして書きました。けっこう覚えてるね(ネットで確認もした。工房って基本入れないから)

帝都公園物語

帝都公園物語

 

 養蚕とか渋沢栄一について調べてたときに新宿御苑の成り立ちにいきついたのですよ。もともと帝都物語とかで都市計画も好きだし(あれが僕の帝都好きの諸悪?の根源ですな)、「庭」が大好きなので、TLで鹿島先生と樫原さんの対談があるの知って行きました。よって実はサイン入りなのだ、えへへ☆ 

東京時間旅行

東京時間旅行

  • 作者:鹿島 茂
  • 発売日: 2017/10/20
  • メディア: 単行本
 

 しょっぱな東京五輪の話しから始まって、すぐに渋沢栄一で、という。わたし土地の話しホント好き。あと鹿島先生の御本めちゃくちゃ好き! 先生のゼミ生になりたかったなあ。 

 超絶面白かったよ!!! 庭が大好きなのと実際向こうでいったところもあって。

でもイタリアパートを書けなかったのでいつか別のお話しで。

 

他の本は言葉にうまくできないのでこのへんで。

からだがよくなってまた小説書けるようになるといいなあっておもってます。

みなさん、くれぐれもご自愛を~

マスク

 

 


今週のお題「激レア体験」

じゃ、ないかもね

3割だっけ? 3割だとわりとあるね

 

厚生労働省のマークの下の黒い点が、うちがわにあったゴミ

びっくりびっくり~

 


びっくりしたねえええ
怒るのも疲れちゃったね

this.kiji.is

https://www.kowa.co.jp/news/2020/press200423.pdf

www.itochu.co.jp

 

雨女、雪女――夢日記20

先輩と旅行に出ている。

ぼんやりしていると雪の降るさびれた駅でおろされた。

温泉宿のバスが停まっている。

あれに乗るのかとおもっていると、バスが行ってしまう。

先輩は焦ることもなく、雪がアスファルトに落ちて消える道を歩きだす。

すぐだから、だいじょうぶだよと振り返りもせずに言う。

わたしは歩くのがいやじゃないひとなので文句も言わずついていく。

ただ、リュックが肩に喰いこんでそれが気を塞いでいた。

「明日は晴れるといいですね」

わたしが何気なく言うと、先輩はやはり前を向いたままこたえた。

「わたしけっこう雨女なんだよね」

「ふってるの、雪ですけど」

「雪女ではないね」

どうしてか笑えなくて、かといってなんて返したらいいかわからなくて、たぶん移動で疲れているのだ。

「これ、つもりますかね?」

「さあね」

先輩は素っ気ない。

でも、そこがひんやりと清潔で好きだった。

 

f:id:florentine:20200420164135j:plain

 

なんか寒かったのかな、ていう夢でしたね。

あと、わたし本来は歩くのいやじゃないんだなあってしみじみと。

先輩は、雰囲気は会社のひとに似てたけど、顔をおぼえてないからほんとうは誰かわからない。

 

あとね、これを持ってるはずが、出てこなくていらいらしてるんだけど、う~ん、実家かなあ、いや、あるはず、もってきたはず!

家に本がないとしんどいねえ

怪談・奇談 (角川文庫)

怪談・奇談 (角川文庫)

 

 じつは経済状況があやしいので本を買うのを控えています(←そりゃね、こういう状況じゃしょうがないけど、家賃は払わないといけないしでね、ホントにいったいどうなることやら。。。)

 

 

花祭りの日に

 

このブログに「へりくつ」というタグのあるのをご存じの方もいらっしゃるかと思います。

たいてい4月5日あたりにブログを書いて追悼記事をあげていたのですが、今年はわたしの調子が悪くてまともな文章をかけなくて、今日です。

florentine.hatenablog.com

florentine.hatenablog.com

 

といっても、今日もあまり調子がよくなくて、減らしていた痛み止めの薬をもとの三錠にもどしても痛いので、ストレスかなあと。ていうか、鬱っぽいね。

ただ屁爆弾さんだったら、こういうとき何を書いただろうなと思ったので。

なかなかこういうものを貼ることないだろうなと思ったので貼っておきます。

www.kantei.go.jp

こういうとき、日記をつけたらいいのでしょうが、言葉が何かをはっきりと定めてしまうのを恐れてもいて、何故なら珍しく動揺しているので。

冷静じゃないときにものを書くのは自分の性分じゃないので敢えてしてません。

書けるひとは、書いたほうがいいと思います。

書くと落ち着くひとも。

f:id:florentine:20200408180605j:plain



ツイッターで見た記事も幾つか貼っておきます。

 

 

 

 

いま読んでいる本も 

原典イタリア・ルネサンス人文主義

原典イタリア・ルネサンス人文主義

  • 作者:池上 俊一
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本
 

 いちおう小説もほそぼそと書いてはいるので待っててね☆

kakuyomu.jp

 

体調めも

florentine.hatenablog.com

2月半ばから、夜寝る前3錠の痛み止めを2錠にする日がある。

お医者さんからはもちろん許可をもらってて、その変化をメモる。

 

よくない

・眠り薬でもあるせいか、夜中に何度も起きる

・歩いていると、わりとこまめに痛む(初期のころに似ている

・2時過ぎに痛いときがある

・夕方から痛みはじめることが多い

 

よい

・小説が書きやすい(劇的に違う気がする、靄が晴れている感じ、前は800字くらいしか書けなかったのが5000字くらいイケル、痛みがなければたぶん8000字近く書けそうだけど、痛みが出るのでセーブしながら

・体が動きやすい(だれだれしない、いたいけど、うごく)

 

気のせいかもしれないけど、なんとなく

 

それと、座れないけど、前より座れる

前より座れる

小説を書くことができる時間ではないけど、ちょっとだけでも腰をかけられるのは楽ですね

 

あと、さいきんこれを読んでます

 

職人衆昔ばなし (文春学藝ライブラリー)

職人衆昔ばなし (文春学藝ライブラリー)

  • 作者:斎藤 隆介
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 文庫
 

 めっちゃおもしろい。職人の話しが好きなひとは是非!

基本的に超人だったりもするのだなあ

あと美意識、びいしき!!!

自分が「美意識」て言葉をつかうの恥ずかしいったらありゃしないけど、職人さんの美意識はかっこいいね、最高~