読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

魔女と別荘――夢日記15

ガラス張りの床のしたに、川が流れている。
渓流だ。

ここは、山の上に建つ別荘というものに見える。見える、というのは、わたしはそこが本当はどこで、なぜここにいるのかわからないからだ。わたしの後ろでは、ソファセットに腰かけた三人の老女が優雅に紅茶やコーヒーを飲んでいる。モダンな魔女みたいだった。日本人じゃない。三人とも銀髪で、髪の長さがベリーショート、ショート、ボブとちがうだけで、面立ちが似ている。若いころ個性的な美女と言われていそうな、尖った鼻と顎を持ったモダンな、魔女だ。

わたしはこころもとなくて、いちばん手前のミッソーニのセーターを着ている魔女に視線を投げる。けれど彼女は莞爾と微笑むだけだ。

喉が渇いたのに、うしろの席にいって自分のぶんをねだることができない。なんだか怖い。

そのうち川の流れは勢いをます。

清流が、あっという間に濁流となる。泥水が氾濫している。まわりの木々を押し流す勢いだ。わたしは後ろを見る。

 

ねえ、ここ安全なんですか?

あの、ここ、ほんとに大丈夫ですか?

 

返事はない。日本語じゃ通じないのか、英語? え、えいご?? 

水の音は聞こえないのに、ソーサーにカップが置かれる音だけが響く。または、砂糖をかきまぜるスプーンを置いた音が。

 

ねえ、ねえっ、ここ、大丈夫ですか、危なくないですか?

 

わたしは叫ぶ、返事はない――ないまま、目が覚めた。

 
(写真とは何の関係もないよw)

f:id:florentine:20160828212146j:image

 

たぶん、落水荘のせいw

落水荘

 

 

そうそう、

今朝、彼が毛布をかけてくれたのですが(そのときの記憶はある)、びゃあっと、なにすんだ暑いぞ、ていう勢いですぐ剥いでいたそうですw(はいだ記憶はない)

不思議だね。