読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

祖母の誂えてくれた二枚目の大振袖と『百年冷蔵庫』のことなど

きものを「貴族の文化」にしたのは何か - Ohnoblog 2

祖母や母の着物を着るときは、よほど古典柄で格の高いものでないかぎり帯や着物どちらかを新しく、最低でも小物を新調するのが着こなしのコツかなあと/このへんはたしか若桑先生の『皇后の肖像』あたりでは。

2015/05/09 17:28

b.hatena.ne.jp

 

ひさしぶりに実家にいってきた。

以前、うささんに蝶の着物がまだあるとお伝えしてお見せしてなかったので、いつものごとくどうしようもない写メですみません。

祖母が拵えてくれたもの。

手描き友禅の 大振袖、その袖を二尺に切って着ています。これじゃ、わからないですね、すみません。

(二枚目の大振袖としたのは二尺振袖としての着物はまだ他にあるから)

袖を切るってもったいないんですが、祖母は(大)振袖なんてのは一枚あれば充分と思っていたらしく(まあたしかにねw)、またわたしの身長も158センチなのでそんなに袖長くないほうがバランスいいんですよね。祖母はそのへんの感覚についてすごくうるさかったです。

 

総絞りの帯揚げの色はもっとくっきりとした黄緑色です。

ごめんね、こんな駄目ダメな写真でw

帯は、母のもの。

昭和30年代にホテルオークラの展示会で買ったといっていたはず。ふだんは出入りの呉服屋さんで仕立てるのだけど、たぶん嫁入り用として誂えるためにわざわざ東京まで出たんだろうとおもいます。

 

そうだ、

着付けのはなしも。

うえの振袖は友人の結婚式の受付をするために(わたしは結婚式の振袖要員でして受付をするかスピーチするためによばれてました☆)、着せてもらってます。

花嫁さんの着付けとおなじように、胸と肩のところに真綿を何枚も重ねて伸ばしながらいれているので皺が寄っていない。

これが、ただたんに補正用下着についているクッションだけだとこうなります。

(たぶん、それでもクッションないときよりはマシ)

 

なんとなく、着付けはそのひとの性格とか何かが如実にあらわれるような気も。

母はほんとにゆる~んと着てるのにみっともないふうでなく、ともかくとても楽そうに、当たり前に着てるので、電車やコンサートホールなんかで知らないひとからこういうふうに着たいし昔はこんなふうに着てたましたよねえみたいな声をかけられてました。娘のわたしは性格の生真面目さと職業人(元呉服業界OL)だったせいもあり、綺麗に着てると褒められるけど面白みはないというか色気はないなあと。

さいきん「興」とか「おもむき」とか「凄味」とか「色気」とか考えてて、これはなんだろう、やはり鍛錬なのかなあ、それとも生まれ持った何かなのかなあとか。

(うちのママンはそれこそ6歳の6月6日に長唄ならったせいかもしらん、いちおそれなりにやったらしい)

(ていうか、わたしは色気ないまま一生終えるような気がしてるのでもう、いいです。かわりにコケットはあるよ、きっとあるよ!!!w←自棄)

 

もうちょっと一巡したら、花伝書を読み返すよん。

花伝書(風姿花伝) (講談社文庫)

花伝書(風姿花伝) (講談社文庫)

 
風姿花伝 (岩波文庫)

風姿花伝 (岩波文庫)

 

 あとこれとか。

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

 

 

「いき」の構造

「いき」の構造

 

 

 そしてこちら。

図書館でさらっと捲った程度なんですが、ちゃんと読まないとなあ。

皇后の肖像―昭憲皇太后の表象と女性の国民化

皇后の肖像―昭憲皇太后の表象と女性の国民化

 

 

このへんのはなしはいずれまた『百年冷蔵庫』掲載の「あやとりゆめむすび」をシリーズ化して書こうとおもいます。

 夢使いが養蚕教師でもあった、というフィクションを入れこんだ近代日本の輸出産業、絹と農村、家族のはなしになるといいんだけど、いまのところ祖母の思い出と仕事のはなし、みたいになってるw

 

 着物を扱っているとひとさまの人生の深いところに関わることになる。お宮参り、夢見式、成人式、結婚式に葬式、または入学式や卒業式というのもあ る。綾子はずっと、人生の節目についてまわる物語を聞いてきた。着物はそれらを柔らかく、やさしく、美しく包みこむものだった。  

 けれど、そこからはみだすものもないではない。晴れの儀式にまつわるものとしてのみ残ったわけでない着物の、かっこたる姿もある。店を任されて三年たち、ちかごろはそういうことを考えていた。

 

「あやとりゆめむすび」よりーー合同誌『百年冷蔵庫』所収

百年冷蔵庫 | since2014/11/15

 

さいきんではこちらに「三十振袖」という掌編でお邪魔しております。

florentine.hatenablog.com

 

おかげさまで、『百年冷蔵庫』の在庫がだいぶ少なくなりました。

 

百年冷蔵庫 | since2014/11/15

 

 上記サイトのメールアドレス、またツイッターやコメント欄等でも自家通販を承っております。ご興味あれば是非☆