読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

愛と死をあつかう手 ~テキレボ委託『百花王』、『泣草図譜文鳥編』~

かっこつけてタイトルつけてみたよ! 

ちょーぜつこっぱずかしいぜ、でもエロスとタナトスな話しなので嘘じゃないよ!

(これがさあ、本当だからまったくw)

f:id:florentine:20170305205449p:plain

 

わたくしめはこの赤い牡丹のほうでございます。

試し読みはこれ。

 

www.pixiv.net

 

おじコレさん

 

http://uncle-collection.tumblr.com/post/157231711477/街にて赤灯る百花王掲載-作磯崎愛花うさぎ-委託-09more-500

uncle-collection.tumblr.com

 

そして、うささんのほう。

 

http://uncle-collection.tumblr.com/post/157472227877/泣草図譜文鳥編-作うさうらら花うさぎ委託-09more

uncle-collection.tumblr.com

 

t.co

 

『百花王

『泣草図譜文鳥編』

購入は「テキレボ代行」で可能です。

詳しいことは、こちらでどうぞ!!!

 

usaurara.hatenablog.com

 

2011年4月から、うささんとコラボってきたんですよ。

いろいろやってきて、あんまりお互いのことわかってないなってことが途中で暴露されたりもしたんですが(愛はあるけど理解はないタイプの相方です)、それでもたぶん愛と死をあつかうときの態度が、わりとしっくりきたのかなあって。抱えているテーマ性というのもあるんだけど、もうちょっとわかりやすい言葉でいうと、愛と死かな、みたいにおもったので、

いや、それこそめんどくさいはなしはいくらでもできるんですが(めんどくさい人間だからw)、

ひとが生きて死ぬ、そのあいだにやはり「愛する」、または「愛される」、うまくすれば、めったにはないけれど僥倖のように「愛し愛されることもある」というおはなしを、時間軸がずれようと、遠く離れていようと、そういうものが確かにあったのだ、ていうような気持ちで書いてるなあとおもったりしたので、うん。

 

たとえ愛し合うことがなくても、ひとは自分が愛することがあれば、それで生きていけるなあというのが、わりとこの世の真実のような気がします。

というふうにおもってつけたPNだということをぶちまけて、月に二回くらいしかブログ書かなくなっちまった磯崎愛でした☆

(あ、小説は書いてる、しょうせつはかいてるよ!!!!!)

 

 

愛についてわたしがかんがえるとき、まっさきに出てくる小説おいときます。

星の王子さま―オリジナル版

星の王子さま―オリジナル版

 

 内藤訳が最高っす、なんどでもいうけど、内藤訳が凄い。大学の講義で訳したので言うけど、どまんなかを撃ってくる、詩人凄い、詩人はほんとにすごい。びびったですよ。