読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

「触れる」ように書きたい 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:florentine:20161221132141j:plain

 

よく死なないで生きてられたなあってこの数年ずっとおもってるんだけど、なんのかんのととても生き汚いのでわたしみたいなのはきっと大丈夫、みたいな気持ちです。

さて、本題。

f:id:florentine:20170102153448p:plain

ていうことで、うささんが予告画像つくってくれたので貼りまくります☆

わたしのほうはとうらぶファンフィクです。

f:id:florentine:20170102153408p:plain

www.pixiv.net

うささんのほうがこちら

f:id:florentine:20170102153643p:plain

www.pixiv.net

うささんのほうは北陸アンソロ「海柘榴(うみざくろ)」から連なっていますので是非そちらを御手にとっていただけますと幸いです。

togetter.com

公式サイト様

ホーム - 北陸アンソロジー

 

ちなみに、元の本はこんな感じです。

f:id:florentine:20170102154123p:plain

 

去年はコラボ花うさぎ再始動の年でしたね。

で、引き続き活動中です。

 

まだ拙作は発表になりませんが、

テキレボさんのアンソロにも参加しています。

 

第5回Webアンソロ「嘘」 | Text-Revolutions

 

この蛇腹本はそちらにも繋がるものです、とだけ。詳しいことは近くなったらまたお知らせいたしますね。

 

 

それから、

2017年にやりたいこと

というか、こちらはわたし個人のこと。

生まれて初めて手をあげてみました。

chouchounannan.net

へし歌初夜WEBアンソロジー「喋喋喃喃」様に参加いたします。

素敵なサイト様ですので是非ご覧になってみてください。

憧れのあの方も大好きなあの方もいらっしゃる、まさに豪華執筆陣!!!のなかにまぜていただけて大変に幸せです。

 

わたし、ひとりで発表するのは独りでコツコツやるんですが、

引っ込み思案すぎて他の方と一緒にするって誘っていただかないかぎり出来なくて、

本当に正真正銘生まれて初めて手をあげました!

ドキドキしてますが、がんばります><

 

(あと、コピー本でいいからへし歌さんで薄い本を出してみたい気がするけど、でもこれは来年でも全然いい)

 

そんなわけで勉強しようと、短編好きなの読み返してます。

十二の肖像画による十二の物語

十二の肖像画による十二の物語

 

わたしが持っているのは こっちですが。

風の琴―二十四の絵の物語 (文春文庫)

風の琴―二十四の絵の物語 (文春文庫)

 

 やっぱり辻さんは落ち着くなあと。

泣かせようみたいなあざとさもないし、それでいて確固たる物語性はあるし、もちろん「小説」と「物語」について考えに考えて書かれた方で、ことにこの晩年のほうは物語性が強い作品なんですが、エレガントなの。上品で、とても好き。

 

世の中がなんとなく騒々しいせいなのか、刺さるとか殺すとか殴るとか、そういう言葉が飛び交っているのだけれど、そして、そういうものに対して憧れがまったくないわけでもないのだけれど(正直だなw)、

わたしは、「触れる」くらいが好きです。

誰かの記憶に、想いに、本人も忘れてしまっているような何かに、そっと触れたい。

ぴんと張り詰めた糸のような気持ち、怪我を負った場所、思い出すのもつらい出来事、そういうものは触れただけでも十二分にイタイですしね(意外とね、さわるだけで充分な威力はあったりするのさ)、

触れるだけでも「傷」にはなりうるし、うまくすれば慰撫することもできる。

そのくらい慎重な手で、書いていきたいなとあらためて。繊細でちいさな音を確かに奏でて響かせる、みたいなの。

やりたい。

 

そんな、感じです。