読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

おかげさまで拙サイト「唐草銀河」今夜零時で週一更新まる三年達成いたします☆ 応援ありがとうございます!

おかげさまで、2013年10月25日(金)の更新をもって、拙サイト『唐草銀河』(http://karakusaginga.blog76.fc2.com/)は週一更新まる三年達成いたします!


閲覧履歴や拍手、コメントやブックマーク、ツイッターでのRT、FBでのいいね!その他、みなさんのリアクションすべて、わたしの大切な宝物です。本当にどうもありがとうございます!

てことで、

唐突にここで宣伝です。

文学フリマ新刊『Romance』はWEB連載作品を本にしたもので、

「恋愛小説・オンデマンド誌58頁・300円(週一更新三年記念特別価格☆)」ですv 

てことを言いたいので言います♪

(え、だって、去年の『夢のように、おりてくるもの』も「週一更新二年記念特別価格」だったんだもんv)

(詳しくはこちらをどうぞv →http://florentine.hatenablog.com/entry/2013/10/22/233954 )

まあその、なんでこんなことを言ってるかというと

とりあえず、同人誌活動はじめるときにひとつ自分に課したことは、わたしは引き籠りさんなうえに特に優れた能力無いんだからひとよりもたくさんやらないと駄目だ、だからオンオフ両方ヤルぞ! てことで、その「成果」というのが出たのかどうか、ていうと、うーん、どうなんだろう? 正直よくわかりません><(をいw)

オリジナル小説の場合、オンオフはかなり離れてるっていう個人的な印象はあるのですが、でも、やってよかったとは思ってます、はい。

それは何かというと、やっぱり自分が色んなひとに支えてもらって、応援してもらって、小説かいてるなあって確固たる事実がオンオフで「倍」、わかったってこと、かなあ?

わたしはほっといてもひとりでシコシコ小説かくんですけど、書くんですけど! でも、だからこそ余計、「他者」というものにじぶんの小説がひらかれていくこと、ていうのを切実に望んでいるんだなあってこと、かな。うん。

そして、

えーと、まる3年ヤッタんだーっていう感慨は実はそんなになくて、ていうか、近頃は3年ヤッテもこのレベルしか上達しないんだってこととかにガックリきてて、ひじょうに鬱陶しいひとなんですが(苦笑)。

思い返せば、腱鞘炎で手が痛かろうと捻挫して包帯まいてようと熱出して3日も寝込もうと、家族の入院があろうとイベントと重なって軽くパニクろうと、世界のあちこちで色んなことがあってそれに気持ちがザワザワして落ち着かなかろうと、毎週まいしゅう頑張って更新したんだなあってことだけは、なんとなく、今になって感じました、ていうか、これ書いたせいで!(その程度です、はいw というか、予約更新万歳! これがなかったら絶対にできませんでしたよ、ええ)

そんなこんなでここに、週一更新するよう背中をぐいぐい押してくださったぶり(id:burie)さんに、厚く御礼申し上げます! 

来月からは、月一更新を予定しております(たぶん)。
それから、

はてなハイクではid:usauraraさんことうささんとのコラボ「花うさぎ」が約二年半の連載ということで、その大半をお付き合いいただくような形になりました。ほんとうにどうもありがとうございます!(せっかくなので表紙をおいておきますねv 詳しくはこちらへ→http://florentine.hatenablog.com/entry/00000101/1337431515


またハイクのほうでは連載小説更新しました!ならびに小説更新しました! その他でお世話になることと思います。

もちろん、ツイッターやFBにも更新宣伝ドシドシ流させていただきますv

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます☆

て、

あ、そうだ、すっかり言い忘れそうになった!

来月からは、2007年3月から休んでた「投稿生活」というのに戻ります。

初応募が最終とかいって「勘違い」(爆笑)したのが事の始まりですが、あのとんでもない勘違いがあったからこそ、いま、面白い人生いきてるような気がします(マジで。だってその後ウキウキ片手くらい応募したけど一次選考すら通らないんで、しばらく修行しようって同人活動はじめたんですよ、ええ)。

べつにこんなことわざわざ発表しないほうがカッコいいんでしょうけど、

これ、じぶんへのプレッシャーというか、ひとさまへの「御恩返し」のために、ここで書いておいたほうがいいと思うので、記します。*1

 

「私は好きな絵がいっぱいあって、いろんな画家から影響を受けて、私なんて大したことないっていうのはよくわかってるけど、でも、なにかを過去から引き継ぐだけじゃなくて、なにかを未来へ渡せるかもしれない。そんな大それたことができなくても、自分はそういうつながりのなかにいて、それで絵をかいてるってことがやっと、わかったの。ほんとにやっと、消極的にじゃなくて、この世界を愛してるって思えそう」

『遍愛日記』http://novel18.syosetu.com/n4528q/

 

 てことで、

 

「待ってろ世界!」(←これが言いたかったw)

 

ではでは~☆

*1:デビューしてその本をさしあげること、ていうのがこう、色んなことをわたしにしてくださったみなさんの、「希望」だか「期待」だかになってたりする、ていうゲンジツがががが><

そしてわたし、やっぱりhebakudanさんに、もうちょくせつお渡しすることがかなわないからこそ捧げたい、ていう気持ちがアル。「florentineさんというかたの奥まで一杯一杯踏み込んでみたかった。」ていう言葉をのこしていったかたへ