がらくた銀河

磯崎愛のブログです。本館は小説サイト「唐草銀河」。

かいじゅうとひげおとこ――夢日記16

魔法使いの合宿にきている。合宿というより研修かもしれない。 わたしはなんでか髭面に眼鏡の大男と一緒にいる。悪いやつじゃないのだが、イマイチわたしとは合わないのだ。いまも、わたしがお茶が飲みたいと言っているのに、いつも紅茶飲んでるだろうと言っ…

魔女と別荘――夢日記15

ガラス張りの床のしたに、川が流れている。渓流だ。 ここは、山の上に建つ別荘というものに見える。見える、というのは、わたしはそこが本当はどこで、なぜここにいるのかわからないからだ。わたしの後ろでは、ソファセットに腰かけた三人の老女が優雅に紅茶…

2016年前半に、コラボ「花うさぎ」のしてたこと

おひさしぶりです、いきてます。 コラボ花うさぎのハナのほう、磯崎愛です、こんにちは☆ ここを定期的に読んでくださってる方がどのくらいいらっしゃるかわかりませんが、同じはてなーの うさ (id:usaurara) さんと一緒にコラボ花うさぎとして活動をはじめた…

テスト

ネットプリントで柘榴の折本つくりました! 文庫本のカバーにもなるよ☆

先日、コラボ花うさぎのふたりで北陸アンソロ様に「海柘榴」というテキストとコミック作品で参加させてもらいました!! 【お知らせ】ホームページの頒布情報を更新しました。全部委託ですが、関西、福島、東京と、全国進出(?)目指しております!(笑)ht…

てすと

食べてもなくならない――夢日記14

とても暑い日、テーマパークみたいなところに遊びに来ている。そこで150センチくらいのサボテンみたいな形をした緑色の樹を友人二人と取り囲み、しゃくしゃくと小刀や果物ナイフで切り取って食べている。食感はシャーベットみたいなんだけど甘くない。どっち…

ごめんねごめんね――夢日記13

目の前のアスファルトにどしゃどしゃと水のカタマリが投げつけられて、何事かと見上げればひとつめの巨人が泣いていた。ルドンのひとつめ巨人より色味が紫がかってどことなくふんわり可愛くてほっとしたものの、しだいしだいにその水がこちらに近づいてきて…

いごこちのわるさ――夢日記12

※微グロ流血注意 (夢とは関係ない写真です)(わりと牡丹はわたしにはホラーな花だった) 血塗れの、四つんば いの赤ちゃんに似たものが点々と白いリノリウムの床に横倒しになって転がっている。頭部は例の天使の羽を背に着けた塩化ビニールのお人形なのだ…

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記 十四  牡丹の花言葉&うちの歌仙さんについてのメモ再び ※追記あり

個人メモ。とうらぶ回想の自分のメモです。ネタバレなのでご注意ください。 (先日の牡丹園。なんかひっそりと、離れたところに咲いてるような感じがして撮ったのだ)(わりとこういうイメージもあったの、歌仙さんには)(孤独の充実と愉悦を知る)(おとな…

藤と牡丹

今週のお題「植物大好き」 (息苦しい感じの牡丹をあげておく) 植物大好きです。片田舎に育ったので。 そういえば去年はこんな記事を書いてました。 藤の花、大好きです。 florentine.hatenablog.com そして、 とうらぶにハマってから、 ことのほか愛おしく…

はな

はな

しがんひがん、そして、かいがん

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 florentine.hatenablog.com 今日は祖父母の墓参りに行ってきた。 一緒に行った母も、伯母も足が悪くなってしまったので、他の縁者のところへは廻らず、というのはたぶん、初めてのことだった。 他に、遠い先祖のことを…

むかしの男――夢日記11

むかし男ありけり――そうじゃない、そういう話しじゃないんだ、と呻いている。わたしが。 じぶんの寝言で目が覚めた。 夢のなかで夢だとわかっていて、そこから抜け出したくて目覚めたいので起きられない。 改札を抜けて駅構内、天井の高いコンコース、自分の…

帰り道――夢日記10

下り坂の砂利道を、男の右肘に掴まりながら歩いている。 どうせあんたは帰るんだろ、そう言われた。 帰るよ。 わたしは確かにそう言った。 帰らないで何処に行くつもりなのかは尋ねなかった。そのまま黙っていると、男は煙草の火を消して、わたしに右肘をさ…

さいきん読んだ本とか同人活動とか

三島由紀夫の「詩を書く少年」に出逢ってしまったことは、ある種の「不幸」だったかもしらんなあと思いつつ。いや、今日はってる本は和歌だったり詩だったり韻文なので。 まあしかし、小説書いて発表するなんてのもホント「しゅうち☆ぷれい」以外の何もので…

読んだ本とか

美術展いったりしましたが、今日は読んだ本をとりあえず貼っておくだけ的に。 超絶久方ぶりに読み返した「茶の本」。 新訳 茶の本 (明石選書) 作者: 岡倉覺三,木下長宏 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2013/05/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

読んだ本とか

とりあえず貼っておくだけ的に。 超絶久方ぶりに読み返した「茶の本」。 新訳 茶の本 (明石選書) 作者: 岡倉覺三,木下長宏 出版社/メーカー: 明石書店 発売日: 2013/05/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 解説で「天心神話」について書かれて…

さいきん読んだ本とか

こちらでご無沙汰してます。 まる一月以上ブログ書いてないことに気づきました。ははは。 元気じゃないですがどうにか生きてます。 なにも書くことはないのでさいきん読んだ面白い本とかただたんに貼っていきます。 ブラッドランド 上: ヒトラーとスターリン…

『嵯峨野明月記』をよみながら(別ブログ2015/4/2記事再掲)

別名、『七星記』と『視界樹物語』用メモ。 たしか去年から読むよむと言ってたような気がするけど辻邦生読書にはまっている。 いや、ほんとは新しいのを読んで小説と物語について云々するはずだったのに、どちらかというと主題とかソッチ方面の興味が再燃。 …

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記十三 うちの右歌仙さん(CP)についてのメモ其の一

ちょうぜつご無沙汰しております。 一月が明日で終わるなんて信じられない磯崎愛です、こんばんは。 去年はとうらぶに明け暮れて、生まれて初めて自分の意志でその二次創作小説を書く、とうらぶ同人誌イベント会場に行く等の「生まれて初めて」の体験をたく…

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記十二   #ふぁぼされた数だけうちの本丸の歌仙の設定語る 

というわけで、素敵なタグがあったので便乗したよんv わ~い、遊んでくださってどうもありがとうございます☆ えーと、10個。 『本丸の神々は死なず』(へし歌)https://t.co/LrmUbJku7f この本丸の設定で参ります! — 磯崎愛 @原稿中 (@isozakiai) 2015, …

明日の文学フリマ、D17【ヨモツヘグイニナ】様に委託でお邪魔しています☆(おまけのペーパーあるよ)

明日の文学フリマでD-17【ヨモツヘグイニナ】様へ委託でお邪魔させていただきます! つたゐさんの『幼神』がほんとに大好きで、なんていうか、タニス・リーを初めて読んだときの自分はこんなふうに興奮したなあってことを思い出させてくれる素晴らしい物語で…

スーザン・ソンタグ『同じ時のなかで』「二重の宿命――アンナ・バンティ『アルテミシア』について」他メモ

このブログで何度もこの本はとりあげてきたのでまあ、またか、なんだけどw 同じ時のなかで 作者: スーザン・ソンタグ,木幡和枝 出版社/メーカー: エヌティティ出版 発売日: 2009/09/11 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 50回 この商品を含むブログ (27…

#読書週間だからRTされた数だけお勧め本プレゼンする 自分のだけまとめてみたよん♪

ブログ超絶ひさしぶりでごめんなさい>< 体調悪くてどこもお出かけできてないし、あんまり本よんでないし、なんだけど。 面白いタグがあったので便乗した結果をはっておきます! (あとRTされた数より多いのはゆるしてほしい、ははは) #読書週間だからRT…

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記十一 「後水尾院と江戸初期のやまと絵」展いってきたよん♪

とうらぶに、いつか来てくれるだろう鬼丸国綱さんのために!!!!!(←でも、好きすぎるので実は来ないでほしいともおもったりすることもあるの)(いや、でも、来て欲しいっ)(どっちだ!?w) それはともかく、最終日に駆けこみでいってきたよー! www.…

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記十   刀剣男士とお茶碗についてなど

ずっと言い続けてるんですが、わたしが刀剣乱舞トリビュートと称してやりたいことって実は、歌仙さんにお茶をたてて新しくいらした刀剣男士の方々を歓迎していただきたいってことだったりするんだよな、て。 その印象のはじめが、 たぬきさんを見たとき本阿…

サントリー美術館 「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」展 いってきたよ♪

仕事お休みだったので、いってきたよー。 わりとすいてた。平日夕方はまだそんなに混んでないのでお早めに! www.suntory.co.jp 曜変天目茶碗|藤田美術館 www.suntory.co.jp あ、この記事とても詳しいので、公式サイトとここを読んで予習してくといいかも。…

叉似刃(CYBER)本丸琴弾之記九  45/47(三日月さん、いらっしゃった!!!) 

昨日たぬきさんを隊長にして5-4をまわったらいらっしゃいました。 まさか、ピクシブでさんざん読んできた素敵な漫画や小説のようなシチュを我が本丸で経験できるなどとおもってもみませんでしたです、はい。 ゲーム凄いね、本丸ごとの物語があるね! そん…